前へ
次へ

虫歯の治療には沢山の工程がある

歯科クリニックでは、歯を削る、唾液を吸引するなどの作業を口の中で行います。
虫歯の治療と一口に言っても、症例は様々で検討、勉強、練習などは怠ることができません。
特に技工物は、詰め物や被せ物として提案されます。
私たちは、ただ型を取って作るイメージしかありませんが、金属などの素材は製作過程で収縮と膨張することもあり、それは患者さんの治療でのズレ、違和感として現れるといいます。
虫歯の治療には、何人もの手が加わり、何工程もの作業で完治するのです。
被せる物だけでなく、削る医療行為も患者にとっては大問題です。
削るあの音を苦手として、歯医者嫌いになる話も耳にします。
しかし、削り方ひとつで精度は変わってくるそうです。
また、歯も先端と根元では色が異なるもの、精度にこだわる歯科クリニックを選びましょう。
失う歯があれば、代わりの物(人工物)が必要になります。
長く使い続けるための治療を受けるのですから、技師や素材、治療内容に関心や興味を持つことも必要でしょう。

Page Top